二重まぶたの整形手術 切開法と埋没法

プチ整形の中でも人気になりやすいのは目元の整形、すなわちプチ二重ではないでしょうか。
目にメスをいれるというのはやっぱり覚悟っていうのが必要ですし、それなら切らないで二重にできればそれに越したことはないですよね。
そこで切らない目元の整形というのを調べてみました。
そもそも二重まぶたとは皮膚が折れて重なる状態のことですので、それによって目を開ける力が不足してしまったり、まぶたの皮膚が分厚いと重なり合わないということが考えられ、ただ二重になればいいというわけでもなさそうです。
よく美容クリニックで行われている二重まぶたの整形方法として「埋没法」と「切開法」というのがありますが、埋没法というのは切開せずに行う二重まぶた整形になります。
医療用の糸でまぶたを数か所縫い合わせることによって二重にするのが埋没法です。
その埋没法にもいくつかやり方があるようですが、それは二重まぶたの持続期間がながくなったり、施術後の腫れの大きさにも影響してくるそうです。
「1点留め」とか「3点留め」という埋没法があるみたいで、「4点留め」というのもあるそうです。
1点留めはまぶたに通す糸の量が少量で済むため、施術の負担が少なくなります。
また、施術費用が安く済むというメリットもあります。
3点留めになるとその分二重の持続期間が長くなりますが、費用や負担が上がってしまうということになります。
まぶたの留め方によっても二重が取れにくくなるということですね。
目というパーツは最もコンプレックスになりやすい部位だと言われています。
目の整形をするということは、いくらリスクの低い埋没法だとしても、どうしてもナーバスになってしまいますよね。
わからないことや不安なことは全部解消してから施術を受けた方が絶対いいと思います。
そのためにも、美容クリニックの口コミや美容医療についての知識を理解しておいて、そしてさらに美容クリニックのドクターと納得がいくまで相談した方が、安心して整形に踏み込めるかと思います。